夫が認知症で施設に入っている。夫の財産を処分して入所費、老後に充てようと思う。どのようにするのがよいか?…という相談
170322.jpg

読むテレフォン人生相談⇒テレフォン人生相談2017年3月22日
YouTube
テレフォン人生相談2017年3月22日(水)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:71歳女性 夫77歳(認知症で特別養護老人ホームに入所中) 子供なし

特養への経費が残り少ない


71歳の女性から、夫77歳、3年前から
特別養護老人ホームへ入所
経費は、夫の年金と預金でまかなっている

しかし、それが乏しくなってきた
夫名義の不動産を処分して充てたいと思う

認知があるので不動産屋に相談
すると、司法書士に相談して
成年後見人を依頼したらどうかと言われる

ところが、司法書士に依頼すると
報酬が発生する
費用がとても不安

年間35万の固定資産税と
雑草処理、年に2回で約10万円の経費
自分の老後を考えると

あなり使えない
どういう方法が一番ベストなのか

夫名義の土地を処分したい


夫は、50歳の頃にリタイア
以降、相談者が60歳まで働いて扶養にしてきた
特養へは、月に14万の支払い

夫の年金は月に8万
不足分を貯金でまかなうも
その残高は190万円

自分の分は自分で貯金はある
年金も月に14万円
持家だが、夫のサポートをするとかなりきつい

夫の認知度は、要介護5
空地を処分できれば
固定資産税や雑草処分の費用が浮く

なんとか売りたいが
処分の方法は、どうするのがベストか