バツ1、孫あり、前科あり。結婚を前提に付き合い同棲をしていたが女性の親に相談者の過去を理由に別れさせられた。もう一度彼女とやり直したい。過去の自分とは変わったのに誰も分かってくれない…というご相談


テレフォン人生相談2015-8-24 月曜日
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:45歳男性 バツイチ一人暮らし 子供2人に孫がいる 前科あり 23歳の彼女と結婚するつもりで付き合っていたが両親に反対され別れる

加藤諦三氏の〆の言葉「人は手軽に物事を考えようとします。人は人をカテゴリーで見ます。」
45歳独身バツイチ 子供2人に孫がいる相談者
2~3年付き合っていた23歳の彼女と別れて1~2ヵ月
別れた理由は、彼女の両親から別れて欲しいと頼まれ、彼女が周りから頼まれる

暴走族にいて、それが理由で前科がある相談者
反対の理由は、前科
今働いているところは、3年アルバイトだが、正社員の話しもある

彼女には、全部話してあって付き合い、彼女の所へ半ば転がりこんだ格好
遅れがちだが、給与は彼女に渡しており
足らない分は、彼女が補てんしてくれていた

両親を納得させようと、なんとか頑張ってきたが
やっぱり無理で、納得させられなかった

彼女からは、両親や親族がいない時にメールで連絡がくる
まだ、彼女は自分のことを好きでいてくれていると思うので
なんとか、やり直したいのだが

自分の前科のことで、卑下する相談者に
加藤諦三から、自己卑下は卑怯と釘をさされる

中川潤が回答者
なにかと涙ぐむ相談者に
「泣かない!」と一喝する