テレフォン人生相談2015-6-19 金曜日
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:68歳女性 夫70歳 子供3人 男34歳独立 長女32歳 次女30歳 娘2人は同居 4人暮らし

※YouTubeチャンネル登録をお願いします → 登録はこちらから

加藤諦三の〆の言葉「相手を見るイメージで、相手は変わります」
う~ん、これはその回答でいいのかどうか
34歳の息子は、それでは問題あります
嫌なことがあると、逃げ出してばかりでは、40代、50代で仕事がなくなります

安定からは、ほど遠い感じになってしまいそうです
そういった意味から、母親の心配は当然
それに対するアドバイスとして、高橋先生のような精神科医のアドバイスが欲しかったですね

あと、子供を否定して育てるというのは
それはそれで、子供にとっては辛い事
特に小さな頃は、悲しかっただろうなと思います

小さな子は、親に褒められたくて頑張るところがありますから
それを否定されてばかりだと、ひねくれてしまいます

一見すると、行動力があるようですが
ある意味、考え無しの無謀のような気もします
語学の勉強がしたかったとしても

それを、これからの自分にどう生かすのか
そのビジョンが見えてこないですね

そういった意味から、子供へのイメージをプラスにできれば
ちょっと遅い気もしますが
違ってくるとは思いますね

ちょっと・・・
かなりかなw

やはり、今のままではいけないと思うので
高橋先生に相談して欲しかったです